TOP > 瞑想会

瞑想と一口で言っても多くの種類があります。

マントラ(真言)を唱え続ける。呼吸を数える。

マンダラや仏画を見つめる。神や仏などをイメージする。

その他数えていけばきりがないでしょう。

 

しかしそれらは最終的には「何もせずにただここにある」に集約されます。

恩寵の光の瞑想会ではそれを体験していただきます。

 

ただ、いきなり「何もせずにただここにある」というのは難しいです。

私たちのマインドは何かをすることに慣れており、何もしないことを嫌います。

そして、絶えず何かをしようと動き回ります。

 

まずはこの動き回るマインドを鎮めていく必要があります。

そのために身体技法や音を用いるなど、いくつかの技法を用いていきます。

技法はあくまでも技法であり、それが瞑想そのものではありません。

 

そしてマインドが鎮まったところで、「何もせずただある」ことに取り組んでいきます。

最初のうちは戸惑うかもしれませんが、それを理解した人と一緒に瞑想することで

自分一人で瞑想するよりずっと容易に瞑想をしていくことができるでしょう。

 

この瞑想会では瞑想の真髄を、段階を経て

具体的に体験していけるように組み立てられています。

 

言葉でも説明していきますので、理屈と体験の両面から瞑想を理解していくことが可能です。

わからないことがあれば、遠慮なく質問をしてください。

 

悟りや覚醒に関心がある方はもちろん、瞑想を体験してみたい方、

心身の状態を改善されたい方、よりよい人生を過ごしたいという方などもぜひ瞑想会に参加し、

ともに恩寵の降り注ぐ安らぎと至福に満ちた生を生きていきましょう。