TOP > ライタリアンレイ

ライタリアンレイとは、米国ライタリアン研究所発祥の新しいエネルギーワークです。

 

ライタリアンレイは、簡単にいうと

高次元レベルのマスターとのエネルギー的なリンクを作り

スピリチュアルな覚醒を加速させるというワークです。

光との繋がりが容易になります。

 

これによって、自分の中にある不純な要素の浄化が促進されます。

高次元の光のエネルギーが自分の中を自動的に流れるようになり、

意識の波動が上がっていきます。

 

そして高次元の光=無条件の愛の波動とのつながりが強くなり、

魂の目覚めが促されます。

 

真に魂の覚醒を目指す方にとって、お勧めのエネルギーワークです。

 

ライタリアンレイは6つの段階があります。基本的には、この順番で受けます。

 

 

★エンパワーメントレイ(力を与える光線)


マイトレーヤ(弥勒菩薩)とのつながりを作ります。

これを受けることで、他のレイを受ける準備ができます。

 

★クリアリングレイ(浄化の光線)


エルモリヤとのつながりを作ります。

アチューンメント後、深いレベルや細胞レベルでの浄化が進行します。

好転反応が出る場合もあります。

 

★ヒーリングレイ(癒しの光線)


ブッダとのつながりを作ります。

ブッダとは目覚めた者という意味で、仏教の創始者である

お釈迦様だけではなく、多くのブッダが存在します。

ここでは地球上にお釈迦様として降誕する以前の、その根源の存在を指します。

 

★アクティベーションレイ(活性化の光線)


サナンダとのつながりを作ります。

サナンダとは、キリストに関係している存在とのことです。

DNAアクティベーションというものもありますが、

まさしくDNAレベルからの活性化をうながします。

 

★マニフェステーションレイ(顕現の光線)


セントジャーメインとのつながりを作ります。

内在している要素が顕現化していきます。それは人によって違います。

 

★ソースレイ(源の光線)


これが最後で、宇宙根源とつながるものです。

今までに登場していないマスターたちとのつながりも生じます。

ここまでくることで、根源からの恩寵を受け取るようになります。

 

マスターたちが本当に実在するのかどうか疑問に思われる方もいるでしょうが、

それは一種の象徴としてとらえればいいと思います。

大切なことはライタリアンレイによって、魂の深いレベルでの浄化、変容が起こり、

魂の覚醒が起こるということです。

マスターたちが実在するか否かは、あまり重要なことではありません。

 

 

ライタリアンレイは、

プラクティショナーセッションとクライアントセッションに分かれています。

 

★プラクティショナーセッション


アチューンメント終了後にライタリアン研究所に登録され*

他者へのアチューンメントができるようになります。

 

一段階を受けると、その段階についてはすぐに

他者にアチューンメントをできるようになります。

すべてのレイを伝授されるまで待つ必要はありません。

 

*エネルギー伝授系統は、

Christopher JELM(創始者) → Peggy ZERAMBY (現ライタリアン研究所代表)

→ハレイ(ヒーリングセンター・レインボーライト)→恩田 無境となります。

 

★クライアントセッション


マスターたちとのエネルギー的なつながりを求めたり、魂の覚醒を求めますが

他者へのアチューンメントまでは考えていない人のためのものです。

アチューンメント後も、他者へのアチューンメントはできません。

 

テキストはプラクティショナー用のものとは異なり、クライアント用のテキストとなります。

もしその後アチューンメントを施したいということになれば、

次にあげるアップグレードセッションを受けることで

プラクティショナーになることができます。

 

★アップグレードセッション


最初にクライアントセッションを受けた人が、

プラクティショナーになるために受けていただきます。

各段階ごとに1回ずつ必要です。

 

◎ライタリアンレイは、どなたでも受けられます


ライタリアンレイは、レイキなどのヒーリングやエネルギーワークなどの経験は必要なく、

どなたでもお申し込みいただけます。