TOP > 魂の解放セッション > 魂の解放セッション-ご感想
 

Cさん 40代 女性


・インナーチャイルドが愛情飢餓であることに気づく。

自分の心が純粋な愛情を求めていることに気づいた。

パートナーに対して性的な絡みではなく、

お互いにそのままを受け入れることをしていく。

子供のような愛情を求めていることを思い出した。

今までは性のブロックがあることにフォーカスし過ぎていた。

 

・浄化の時に頭に棘のようなものが刺さっている感覚があり、

最初は一つ一つ抜いていたが、あまりにも多いから時間を戻して

刺さる前の状態にまでしてしまい、一遍に抜くような感じがした。

 

・明鏡止水   湖があって、霧が出ていて、水面が波も立たず、

風も音もない、穏やかな状態、境地。松果体の浄化の時にそれがまず起こる。

ハートの時にもなった。

 

・インナーチャイルドが癒され活性化した。

ハートの浄化の時に、ゴミのようなドロドロした、

悲しみ、苦しみの感情、痛みの結晶が一気に取れた感じがした。

 

・今まで無境さんと何度もセッションや瞑想を行い、信頼関係ができていたので、

今回のセッションでインナーチャイルドが癒されたと思う。他ではこうはならなかった。

 

 

Nさん  30代  男性


現在セッションを受けています。

最初にエネルギーワークというかヒーリングというか、

まず浄化して最後に瞑想をするという形です。

 

神道の行を最近は取り込んでいますが、

日本的なものはやはり日本人にあうと感じます。

 

以前はヨガのサマディーに取り組んできましたが、自然と深い瞑想状態に入り、

リラックスもできて、ヨガはやや強引なところが、やはりあるな。と感じます。

(素晴らしいところも、たくさんありますが)

 

今まで色々なヒーリングを無境さんから受けてきましたが、即効性があり

体感も感じリラックスできます。

あとは、瞑想だけ深まるのではなくて、現実生活が変わってきて、

そこも素晴らしいですね。

 

対面でのセッションのほうが効果は高いとは思いますが、

スカイプやメッセンジャーなど遠隔でも十分に効果が出るのも良いところですね。

今後も長くセッションをしていきたいと思っています。

 

 

Rさん  40代  女性


私が受けたセッションの流れ的には、

女性のエネルギーで浄化、

次に男性のエネルギーで浄化し、

その後で、エネルギーを調整して下さいます。

 

その時降りてきたメッセージがあればお伝えしてくださいますし、

氣になることはその場でどんどん話して下さいといったスタンスです。

そして、自分がどうなりたいかなども話してそれに合わせて

エネルギー調整をして下さいます。

 

私自身はセッションを受けて、エネルギー自体もとても感じられましたが、

その後の変化がすごくて本当に驚いています

まずは身体の浄化、感情の浄化が起こりました(笑)

 

そして、そこからより自然に人と接することが出来るようになりました。

以前なら、我慢して云えなかったことを自然と云えただけでなく、

相手もそれを受け入れて下さいました。

自分のハートを開いて会話出来るようになった感じですね。

 

それと、私自身はエネルギーを感じられる方ではあるのですが、

あるエネルギーを自動伝授してもらって、

その方に行ってもらったときは、感じられたのですが、自分で行うと今一つでした。

 

それでも流れていると信じて、行ってはいたのですが、

それを驚くくらい感じられるようになったのです。

それが感じられるようになると、更に周りの人やモノに対する見方が

驚くほど変わりました。

自分が満たされていて、それが溢れる感覚が続いているのです。

 

現状は大きく変わったわけではないのですが、これには本当に驚いています。

人の変化に敏感な友人は電話口の声で、声が変わったねって。

より、ありのまま、本質に近づいたのを実感しています。

一皮確実に剥けたのがわかります。

 

 

Aさん  40代  女性


私の身に突如変革が起こった3月24日、

その次の日である3月25日が元々セッションを受ける予定の日だった、

というのが本当によくできてるなぁ…と。

 

今回のセッションは結果的に

前日の変革を馴染ませ、定着することになったような気がします。

いちばん大きな成果は息が吸えるようになったことです。

 

極端な言い方かもしれませんが。

私は人に驚かれるほど呼吸が下手でした。

吐けば入る、 と言われて試してみたりもしましたが

その「吐く」 も、「吐かなければならない」に置き換えられていたようで。

 

今にして思うとそりゃうまくいかないわ、 と…

私は「~ねばならない」が本当に多すぎるなと思いました。

 

今回のセッションは

自分の中の恐怖を確認しながらしていただけたので

それがとてもありがたかったです。

 

今回は

浄化に対する恐怖

キャパシティーの拡大に対する恐怖

というのがわかりやすくなったかなと。

 

キャパシティーの拡大については

インナーチャイルドがパニックを起こして

暴れて泣き叫ぶのが見えました。

 

一瞬力で抑え込みそうになって、

これは違うと、なだめるんだと気づいたりして。

完全に恐怖が拭い去られたわけではないようでしたが、

だいぶ落ち着いてくれたのがわかりました。

 

それと今回大きかったのは

素朴で、 基本的で、

全く大それたものでは「ない」安心感

というものを感じられたこと。

 

キラキラ輝くような豪華なもの

雷に打たれたような衝撃

そういうものではなく、

そっと低いところに広げられたもの。

 

適度な重さという感じ。

とにかく大丈夫、という

必死さも何もない、

温かくも冷たくもない、

固くも柔らかくもない、

とにかくフラットなもの。

 

生きる上では土台にそれが必要なのだと思うのですけど、

この年齢になってようやく、というか、

改めてというか、それに触れられたのは

本当に良かったと思っています。

 

ともすればすぐに呼吸が浅くなるように思いますが、

深い呼吸を知ったことで、

それをまた思い出すことができています。

 

大変有意義な時間でした。

ありがとうございました。