精妙な音と恩寵の瞑想会

2016年03月24日 20:47:21
カテゴリー:瞑想会

二カ月ぶりに瞑想会を開催します。

 

 

現代人は体はこわばり緊張し、精神も多くのものを抱え込み、静かに座って瞑想することが難しくなっています。いきなり静かに内面を見つめようとしても、それは非常に困難です。静かに座る前に心身の状態を整えておく必要があります。そのために多くの技法がありますが、この瞑想会では音を用います。精妙な音を聞いているだけで、心身が浄化され調整されていきます。主にシンギングボウルの音を聞き、感じていただきます。それだけで瞑想の準備が整います。

 

 

間近で聞くシンギングボウルの音色は繊細かつパワフルで、身体を浄化し、エネルギーを整えかつ強め、意識を鮮明にしてくれます。それに加えて最新のスピーカーを用いて、より立体的な音の場を形成します。古からの叡智と、最新のテクノロジーが融合した音と波動の空間にいるだけで、大きな癒しの効果と瞑想が自動的に起こります。

 

 

瞑想会では精妙な波動を用いますが、それには音のように五感で知覚するものと、五感では知覚できないより精妙なものがあります。瞑想会ではどちらも体験していただき、瞑想の手助けとします。

 

 

瞑想の準備が整ったら、静かに座っていきます。気づきを明確にし、存在そのものにくつろぎ、ハートを開き恩寵を受け取っていきます。これらを段階を踏んで進めていきます。恩寵は常にここにありますが、私たちの側が閉じていて、恩寵を受け取ることができなくなっています。この瞑想会では、恩寵を受け取るきっかけとなることを目指します。恩寵とは何か?それは言葉で説明できるものではありませんが、あえて言うならばこの世を超えたより微細な次元からのものです。

 

 

それを光として体験する人もいるでしょうし、エネルギーを感じる人もいるかもしれません。体験は千差万別ですが、大元は一つです。恩寵を受け取る鍵はハートにあります。瞑想会ではハート瞑想を行いますが、それでは十分ではありません。その背景に気づきとくつろぎがあります。まずは気づきを明確にし、それから心身をくつろがせ、男性原理と女性原理を統合させていきます。気づきがなくハートが開くと、方向性を見失います。そしてくつろぎリラックスすることで、広がりと深みが生じ、ハートが開いていく準備ができます。それからハート瞑想に取り組むことで、恩寵を受け取ることができてきます。

 

 

瞑想初心者の方でも、安心して参加していただけます。瞑想に慣れた方は、普段とまた違った広がりや深みを体験できるかもしれません。覚醒者の中には、「恩寵の働きがないと、覚醒は生じない」という人もいます。恩寵は魂の目覚め、覚醒において非常に重要なポイントです。そして魂の目覚めや覚醒に関心がない方でも、恩寵の働きによって、この世の苦しみを軽減させ、できるだけ楽に生きていくことが可能となるでしょう。

 

 

瞑想会では私がリードする形をとりますが、「教える側」「教わる側」というものではなく、そこに集う人たちによって恩寵が起こり、それを分かち合う場となります。上下関係はなく、そこにいる人たちが同じ立場で恩寵を分かち合います。そのことを五感を超えた、より微細なもので感じ取ってみてください。

 

 

◎日時  4月17日(日) 14時~17時  
 

 

◎料金  3000円

 

 

◎場所  埼玉県  申し込みをされた方に、具体的な場所をお知らせします。

 
 

参加希望される方は、お申込み・お問い合わせから連絡お願いします。


<<    >>

コメントを残す