精妙なる倍音と静寂の会

2014年09月02日 21:25:31
カテゴリー:瞑想会

今まで瞑想会をおよそひと月に一回のペースで開催してきましたが、瞑想会では敷居が高すぎるという方も多くいらっしゃると思い、よりお手軽に参加できるものを設けようと考えました。瞑想会でも用いているシンギングボウルをメインに、その他いくつかのツールを用いて、倍音や波動を浴びていただき、しばらくしてから音も止め、静寂と共に在るということを行います。

 

 

シンギングボウルは本来チベットの食器入れですが、縁を叩いたり擦ることで精妙なる倍音が発生します。その音が大きな癒しの効果をもたらします。楽器として扱う人もいれば、ヒーリングやセッションで効果をあげている人々も存在します。シンギングボウルの奏でる倍音は、身体の細胞レベルまで浸透し、共鳴が起こり心身が癒され、この上ないリラクゼーションを引き起こします。瞑想に慣れていない人でも、シンギングボウルの倍音を聞き、肌で感じることで簡単に瞑想状態にいざなわれます。

 

 

シンギングボウルだけでなく、チベットで用いられている、ティンシャやガンターというものも用いて、より幅広い倍音を体感していただきます。ティンシャやガンターは、シンギングボウルより高音で、意識を目覚めさせ引き上げる作用があります。これら以外にも特殊な音響設備によって場を倍音で満たし、神聖なる場を形成し、シンギングボウルなどの効果をより高めます。

 

 

シンギングボウルを用いたセッションや集いでは、倍音をずっと浴びているものが多いでしょうが、この会では静寂の時間も長くとります。現代人は多くの刺激にさらされて、心が静まることなく、常に乱れています。心を静めていくにはただ静かにしているのがいいのですが、いきなり静かにしましょうと言っても、なかなかそれも難しいものです。しかしシンギングボウルなどの倍音を一定時間浴び、その後音を止めてただそこに座る、あるいは横になっていると、普段よりずっと簡単に思考や感情が静まり、それらに翻弄されることもなくなっていきます。この沈黙の静寂もぜひ味わっていただきたいです。

 

 

精妙なる音と静寂の会では、まず楽に座ってシンギングボウルなどから醸し出される倍音を浴びていただきます。しばらく鳴らしてから音を止めて静寂と共に在ります。それから少し休憩し、休憩後は横になっていただき、完全にリラックスした状態で倍音を浴びます。それから最初より長く静寂の時間をとり、沈黙による静寂を大いに味わっていただきます。トータルで一時間半ほどになると思います。

 

 

心身をくつろがせ安らぎたい方。瞑想に取り組みたいが、なかなかできないという方、シンギングボウルの倍音を体験してみたい方、これを読んで何か気になるという方など、ぜひお越しいただければと思います。

 

 

 

2011_1007_100603-019      2011_1007_102325-028

 

これがシンギングボウルです。

 

 

2011_1007_100915-021

 

奥の丸いベルがガンターです。手前はヴァジラという法具です。

 

 

2011_1007_101305-024

 

これがティンシャです。

 

 

 

 

◎開催日時: 9月16日(火) 9月21日(日)  午後19時30分~21時

 

 

◎参加費: 2000円

 

 

◎開催場所: 埼玉県  連絡があった方に、具体的な場所をお知らせします。

 

 

参加希望される方は、申し込み・お問い合わせかbodaisinn☆gmail.com よりご連絡下さい。☆を@に変えてください。

 



<<    >>

コメントを残す